蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)の違い・見分け方は?

池などに咲いている蓮や睡蓮は、見た目に似ているのでどれが蓮で、どれが睡蓮なのか迷うところです。

並べて比べれば違っている部分がわかるのでしょうが、片方だけを見て見分けるのはなかなか難しいものがあります。

そんな蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)の違い・見分け方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

蓮と睡蓮の違い・見分け方

見た目で蓮と睡蓮の違いを見つけるならば、一番わかりやすい場所が花のつく場所と葉の形です。

蓮は、水目より高い所に花や葉をつけ葉の形が丸くなっています。

それに対して睡蓮は、水面に浮かべたように低い位置で花を咲かせます。

葉の形状も真ん中から切れ目が入っているのが特徴です。

送料無料 ハードアタッシュケース B4F 44cm #21212 平野鞄

定期入れの ストラーダStradaパナソニックナビCN-H510D その他

  • Makita BHX2500CA 24.5 cc MM4 4-Stroke Engine Blower送料無料
  • 水面に浮いた葉と水面より高く上がる葉がある。
  • 葉には、撥水性があり、水をかけると水玉になる。
  • 水面より上で花が咲く。
  • 睡蓮(スイレン)

  • 基本的に葉っぱに切れ込みが入る。
  • 水面に浮いた葉のみ。
  • (送料無料)アイエスイー(ISE) 2イーゼルマスク 30×40cm
  • 水面で花が咲く。
  • 定期入れの ストラーダStradaパナソニックナビCN-H510D その他

    蓮は地中の地下茎から茎を伸ばし、その茎には通気性のための穴が通っています。

    水面より高く花や葉をつけるのが特徴です。

    (まとめ) コクヨ チューブファイル(エコツインR) B5タテ 400枚収容 背幅55mm 青 フ-RT641B 1冊 〔×30セット〕

    蓮の地下茎は、レンコンとして食用に使われ、実も食用として生食され、トウモロコシに似た食感です。

    花の見ごろの時期は、7月~8月で白やピンク色の花を咲かせ、咲く時間帯は、早朝に咲き始め昼には閉じてしまいます。

    睡蓮(スイレン)の特徴・見頃など

    日本に咲いている睡蓮は、ヒツジグサといわれるものだけです。

    この睡蓮の特徴は、白い花を午後の未の刻頃に咲かせます。

    比較的水位が安定している池などに生息し、水面近くに花を咲かせます。

    葉の形は円形から広い楕円形をしていて、葉の中心付近に葉柄がありその部分から深い切れ込みが入っているのが特徴です。

    葉にあまり撥水性はなく、気孔が葉の表面にあるのも睡蓮の特徴だといえるでしょう。

    コクゴ クロロプレンゴムゴムスポンジ丸紐 9φ×93m 07-076-05-93

    (まとめ)大王製紙 ダイオーマルチカラーペーパーA3 空 61MX001B 1セット(1500枚:500枚×3冊)〔×3セット〕〔沖縄離島発送不可〕


    蓮も睡蓮も両方とも水の底の土や泥に根を張ることで生育しています。

    Modern Crystal Chandelier Light, Gold Pendant Light, Hanging Light Fixtures

    新品Carefree 291000 Vacation'r Screen Room for 10' to 11' Awning

    そして、この花の開閉が3日繰り返されたのち花の寿命は終わりを迎えます。

    【在庫目安:お取り寄せ】 EPSON ELPLP67 EB-X14/ X12/ W12/ S12/ S02用 交換用ランプ

    池に佇む蓮や睡蓮の姿の美しさは、両方とも見るものを和ませてくれるといえるでしょう。

     

     

    スポンサーリンク

    カーペット 激安 通販 1cm刻み カット無料 配送無料 サンゲツオーダーカーペット!江戸間長4畳(横176×縦352cm)ロック加工品

    定期入れの ストラーダStradaパナソニックナビCN-H510D その他



    コメントを残す